Cafe in 安曇野

アクセスカウンタ

zoom RSS 高速道路が無料化されても在来線を生かす道はあります。

<<   作成日時 : 2009/09/23 09:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

高速道路料金無料化に反対する理由は沢山あります。しかし、そのほとんどは知恵を出し合えば解決できる問題ばかりです。例えば、在来線の問題です。高速道路が出来れば、そこに平行する在来線の交通量が減少するのは当然です。交通量が減れば、その沿線で商売していた人達の収入が減るのも仕方がないことかも知れません。

しかし、本当に在来線は魅力が無くなったのでしょうか。

高速道路を使えば、確かに早く目的地に到着できます。その魅力だけを考えれば、在来線に勝ち目はありません。しかし、道路というのは早く目的地に到着させるだけではないはずです。もっと別の使い方、魅力、味わいがあるはずなのです。その使い方を考え、魅力や味わいをアピールしてみませんか。

例えば、旅を楽しむには高速道路を使うより、在来線をのんびり走る方が楽しく、味わいがあります。さらに、在来線の沿道に美味しいレストランや日本蕎麦、ラーメン屋が点在していたらどうでしょう。おしゃれなペンションやカリスマ美容師の工房があったり、世界中でここでしか買えないオリジナル小物や洋服のブティックがあれば、立ち寄りたいと考える観光客も多いのではないのでしょうか。

高速道路のパーキングエリアにある、ありきたりな店では味わうことが出来ない、個性豊かな演出が在来線沿道では可能です。問題はどれだけ強烈な魅力を演出し、提供できるかです。

ビューポイントにしても高速道路から見る景色よりも在来線の方が魅力的です。高速道路の直線的な景色は何処も同じで、個性がありません。在来線の曲がりくねった道路の方がビューポイントは多いはずです。ビューポイントにポケットパークを設置するなど整備することで、旅の楽しみを倍加させることも可能です。ビューポイントのマップを配ったり、インターネットのブログや動画サイトなどを積極的に活用したり、案内板を整備することで、地元の人達しか知らないとっておきのビューポイントを多くの人達に楽しんでもらえます。楽しみは分かち合わなければ。

高速道路が無料化されるとフェリーの利用率が落ちて、死活問題だと言う人も、もう少し工夫してみてください。ある程度は客足を回復させることはできます。

道路の在来線と同じように、船旅の魅力をアピールするのです。航路を変更して、海から見える、絶景のビューポイントをアピールするのです。さらには、食事の魅力をアピールできます。新鮮な魚介類を生かした、オリジナル料理を安価に提供できれば、食事目的で利用する観光客も多いはずです。

ピンチをチャンスに変える工夫が必要です。何事も反対する前に、様々な可能性を考え、より多くの人に意見を求め、新しい可能性に挑戦する勇気を奮い立たせることです。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
在来線の魅力云々とありますが魅力とかより早くスムーズに移動できる高速道路に人気があるから
在来線が淘汰されるわけです。
またフェリーの客足が落ち込んでも工夫すれば
客足が伸びるみたいに言われていますが
言っていることがむちゃくちゃすぎます。
航路を変更するのもお金がかかりますし届出も必要です。
絶景のポイントが今の航路より距離がある場合
燃料代がかかります。
第一巷で言われているフェーリは旅客用であり
観光用フェリーと違い食事を提供できるような設備もありません。するとなれば設備投資に数百万はかかりますし人件費もかかります。届出もひつようです。
船からの景色が最高で食事もおいしくて
デザートも最高で値段も安い!・・・・これならば
確かに客足は増えると思います。グルメ番組が
放送すればなおさらです。
しかし理想論を通り越しています。どう考えても安く提供できません!資金力もありません!
シャープと同じように壊れないテレビで画質の良い
テレビがバイデザインと同じような値段で売っているメーカーは見たことありますか?
もしバイデザインがシャープと同じような品質の
テレビをつくれば確実にシャープより高くなります。
逆に言えば良い品質で作るから高いわけであり
安く作ろうとするから品質が悪くなるわけです。

あなたは自分の考えがだれもおもいつかない名案のように感じているかもしれませんが
政府だって思いつくようなことです。しかし実行しないのはムリと思うからです。
理想と現実 需要と供給 
もっと広い視野で物事を考えましょう。
通行人
2010/03/05 05:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
高速道路が無料化されても在来線を生かす道はあります。 Cafe in 安曇野/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる