Cafe in 安曇野

アクセスカウンタ

zoom RSS 軍事基地は救急救命センターや消防署と同じ?

<<   作成日時 : 2010/06/01 08:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もし、日本にアメリカ軍の基地がなかったら、有事の時に、誰を頼れば良いのだろうか?助けが間に合わなくなってしまうのてはないか?平和ボケしている人達に説明するには、もう少し分かりやすい話をした方が良いのかもしれない。消防署や救命救急医療施設が家の近くになかったら、いざと言う時にどうなるか想像してみれば良い。

有事の時に隣町や県外から救急車や消防車を呼ぶしかない状態なら、助かる命も助からないだろうし、ボヤで済む程度の火災でも全焼の大火災になってしまう事は想像出来るだろう。アメリカ軍が全面撤退するなり、縮小した場合、日本はどうなるのだろうか?アメリカ軍の抑止力の価値を軽く考えている政治家はもちろん、多くの日本人は、誰に助けを求めるつもりなのだろう。

もちろん、友人と思っていた相手に裏切られる可能性はある。全面的に信頼する事はリスクを伴う。しかし、つまらない誤解で、絶縁状を叩きつけらるほど今の日本は力を持っているのだろうか?有事はいつ起きるのか分からない。平和な時は、いかつい赤鬼のようなアメリカ軍の存在が疎ましく思うけど、話してみれば意外と人馴っこい面もあるかもしれない。軍人と言ってもアメリカ人の多くはフレンドリーで楽しい性格を持っている人達が多いのだ。少なくともテレビドラマや映画を見れば彼等の考え方や生活スタイル等は理解することは出来る。

自分達の考え方に賛同出来ない人間は抹殺する事しか考えが及ばない百年前の日本人みたいな、陰湿で何をするか分からない北朝鮮やアフガンのテロ組織のような連中とは違う。こうした価値観の違いやお互いの考え方を理解出来ないテロや北朝鮮の人間が日本の近くでウロウロしているのだから、その脅威は何らかの方法で拒がなければならない。従って、現時点でアメリカ軍との連携、抑止契約を解消するのは賢明な選択とはとうしても思えないのだが⁈
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
軍事基地は救急救命センターや消防署と同じ? Cafe in 安曇野/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる