Cafe in 安曇野

アクセスカウンタ

zoom RSS 文化、芸術の価値を本当に理解っているのでしょうか?

<<   作成日時 : 2009/10/05 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

筑摩市在住の陶芸家アグネス スフさんと言うハンガリー人が面白い作品を作っています。粘土を渦巻き状にして丸い器を作っているのです。通常なら、轆轤を回して陶芸の器は作られますが、アグネスの方法はまったくそれとは異なった方法です。その作品がオランダの陶芸コンクールで最高賞を受賞しました。陶芸の盛なオランダでの受賞は価値があります。

長野にも、こんな世界的な芸術家が住んでいる事に注目しました。彼女を中心に何かが始まりませんか?世界中から彼女の元へ弟子として若者が集まって来る様な環境を作る事は出来ませんか?世界中から、文化と芸術を愛する人たちが集まる場を提供出来ないのでしょうか?彼女をカリスマ講師とした陶芸のアカデミーの様な施設を長野に作れませんか?

文化、芸術と言う人の心に良い影響を与える活動を、日本でも高く評価する時代に入って来たと、考えているのですが、まだ日本では早いのでしょうか?

先進国の仲間入りしたと言われて久しい日本ですが、その実態は寂しいものがあります。アニメとかお笑芸人が持て囃されている実態は文化国家と言うには程遠いものを感じてしまいます。

本当の芸術の価値や魅力を日本人に浸透させるすべきだと考えているのですが。人の心に良い影響を与える芸術や文化はアニメはともかく、お笑芸人がの中からは出てこない様に考えているのですが、こんな考えは、偏っているのでしょうか?
画像




ルゥーシー・リィー 現代イギリス陶芸家
求龍堂
ルゥーシー・リィー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
文化、芸術の価値を本当に理解っているのでしょうか? Cafe in 安曇野/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる