Cafe in 安曇野

アクセスカウンタ

zoom RSS 八ツ場ダムの問題を知恵と実行力で解決!

<<   作成日時 : 2009/09/11 09:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

世間が折角注目しているのだから、それを利用しない手はない。民主党のマニュフェストの象徴としてビジョンを示せばよいのではないのでしょうか。例えば、建設中の橋脚を利用したツリーハウス風なHealingマンションを核とした、環境先進都市のビジョンなどを公表するのです。無駄な物を放置するだけでは、無駄はなくなりません。

もちろん、建設途中の橋脚を再点検して強度などを確認する必要はあります。しかし、道路を支えるだけの強度を持った橋脚です。カプセルタイプのツリーハウスをぶら下げるには十分な強度でしょう。橋脚を柱に通常のマンションを造ることも可能かも知れません。

いずれにしても、橋脚というスペースを安価に提供して住居スペースを作るのです。世界中にコンペを呼びかければ、素晴らしい住居スペースのアイディアが集まるでしょう。

本来、ダムの水面下に埋没する地域、住民が立ち退いて住居などが取り壊された地域はグリーンスペースとして生かします。地形にもよりますが、クラインガルデンやふれあい牧場、マレットゴルフ場、自然公園、そして、大規模太陽光発電パネル設置場所に利用することが出来ます。

自家発電としては、用水路を利用したマイクロ水力発電などで公共施設の電気を賄うことも可能です。燃料電池発電や新しい方式の発電方法や電力供給方法もいろいろ試す場所としても利用可能です。

基本的に国や自治体は場所を提供するだけです。

民官の知恵と実行力を積極的に活用したいものです。しかも、その公募は世界中に門戸を広げます。意欲ある企業が自由に知恵と行動力を発揮させる場にするのです。

さらに、住居スペースも様々な利用方法が考えられます。

できれば、地域内を走るクルマはすべて電気か燃料電池自動車にしたいものです。一般のクルマは町の入り口にある駐車場にクルマを置いて乗り換えてもらうのです。ヨーロッパにはこうしたモデルにふさわしい都市がすでにあるみたいです。日本でも上高地や乗鞍みたいにマイカー禁止の場所はあり、何の問題もなく、その方式で生活スタイルが成り立っています。

CO2削減25%にしても、八ツ場ダムの問題、高速料金無料化すべて知恵と実行力で解決できます。それに反対したり危惧する前に、考えることです。無駄を無くす方法と無駄にしない方法を考えるべきです。

無駄な物だから作るのをやめて放置したら、それこそ本当の無駄になってしまいます。高速道路料金を無料にするとしてもETCシステムは利用するべきです。高速道路料金は無料にしてもパーキングやインター(出入り口)の利用料金を施設管理料として徴収するなどの受益者負担は必要です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
新政権誕生前にどっちも八つ当たり気味
十分情報が提示されてないので、地元の人の感情論ばかり
そもそも基本に戻って、57年経ってダムには手が付けてないのに
済んで来たのが不思議、本当に必要なの
気候変動でこのダムあたりの雨はどうなの
ダムいつも一杯に出来るほど雨降るの?
治水といってもダムの為に治水が出来ないことも問題になったりしてるし
日本はすでにやたらダム造り過ぎてるとか
ダムだけでなく道路、空港......
飯の種に要りもしない物を造るのが経済政策なの
税金を使い込める奴だけが潤ってるといずれ
ユニクロファッションで決めてイオンで野たれ死になるよ
八つ当たりダム
2009/09/13 14:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
八ツ場ダムの問題を知恵と実行力で解決! Cafe in 安曇野/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる